勝手に解錠される場合の対処法

ご在宅時に意図せず解錠されるなどの場合、以下操作にて改善されるかご確認をお願いいたします。

アプリ上の履歴に「○○が解錠しました」との記録が残っている場合、ハンズフリー解錠が以下のような要因にて動作している場合がございます。
・複数名同時に帰宅し、内1名のみのハンズフリー解錠で入室した場合
・帰宅時ハンズフリー解錠でなく、物理鍵などの手段で入室した場合
・在宅中でもスマートフォンが取得する位置情報がズレた場合
※お持ちのスマートフォン端末や設置環境により、GPSの取得状況がしづらい環境下にある場合、在宅中でもGPSが安定せず、位置情報が大幅にずれ込むことがございます。
※ご自宅環境や天候などの要因で「端末そのものが移動していない状態」でも「地図上でGPS位置情報のみが変化する」といったこともございます。

■入室時「ハンズフリー解錠しました」と通知が来ていない場合は、Qrio Lockアプリにて、解錠もしくは施錠操作を行う
■入室時、都度ハンズフリー機能をオフにする
■ご在宅時はスマートフォンのBluetoothまたは位置情報機能をオフにする

ハンズフリー解錠機能利用時、位置情報が適切に検知できない場合の対処法

<iPhoneをご利用の場合>
■位置情報設定の確認
・iPhoneの「設定」をタップ
・画面下方に表示されるアプリ一覧の中から、「Qrio Lock」をタップ
・「位置情報」の項目より、”常に”を選択する

<Androidをご利用の場合>
■スマートフォンの省電力モードを無効に設定し、バッテリーの消費モードを選択できる場合はパフォーマンス重視のモードに設定する
■スマートフォンの位置情報の精度を高精度に設定する
※各種設定の操作方法はスマートフォンの機種によって異なりますため詳細な操作方法についてはお使いのスマートフォンのメーカーやキャリア会社様にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

<iPhone、Android端末共通>
■スマートフォンの位置情報をオフ→オンにする
■再度Qrio Lockアプリにてハンズフリー解錠の設定を行う

ハンズフリー解錠はどのように動作しますか

ハンズフリー解錠は、ジオフェンスとビーコンを利用し、以下の流れで動作します。

1. ロックから一定距離を離れると「ハンズフリー解錠が有効になりました」プッシュ通知を受信し、自動解錠が有効となります
2. ロックに近づくと「ハンズフリー解錠をはじめます」プッシュ通知を受信し、自動解錠を開始します
3. 自動解錠が成功すると「ハンズフリー解錠しました」プッシュ通知を受信します

※自動解錠はBluetooth通信にて実行します。

また、こちらのブログ記事でさらに詳しく
Qrio Lockのハンズフリー解錠って実際どういう仕組みで動いてるの?

「ハンズフリー解錠が有効になりました」プッシュ通知が来たあとに、ロックに近づきましたが、「ハンズフリー解錠をはじめます」プッシュ通知が来ません ただし、その状態でスマートフォンをスリープ状態から解除したら「ハンズフリー解錠をはじめます」プッシュ通知が来て自動解錠されました

以下の操作をお試しください。

[iOS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

[Android OS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「モード」を「高精度」に変更していただく (※1)
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「スキャン」の「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をONにしていただく (※1)
・スマートフォンに独自の省電力機能がある場合はOFFにしていただく
・スマートフォンに省電力機能の付いたアプリをインストールしている場合はアンインストールしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

また、Android 6.0以上のスマートフォンで上記の操作を試しても改善しない場合は、以下の操作もお試しください。

・スマートフォンの設定の「バッテリー」→「省電力機能の対象外アプリ」に、Qrio Lockアプリを追加していただく (※1) (※2)

(※1)機種によって設定項目が若干変わる可能性があります。
(※2)ハンズフリー解錠は、Android 6.0で導入されたDozeモードの有効下でも動作するように設計されていますが、一部機種で正常に動作しない可能性があるためです。

ジオフェンスはどこで使われていますか

ロックから一定距離を離れたことを検知するために利用しています。

ジオフェンスを検知するには、スマートフォンの位置情報設定をONにする必要があります。
また、以下の設定を行うとジオフェンスの精度が向上しますので、ハンズフリー解錠の利用時に設定することを強く推奨いたします。

・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく

ハンズフリー解錠をONにするとステータスバーに「ハンズフリー解錠が設定されています」の通知が表示されるのはなぜですか

Qrio Lockアプリが起動していない状態でもジオフェンスとビーコンが検知できるように、Android OSのフォアグラウンドサービスという仕組みを利用しているためです。

ハンズフリー解錠がONであるにも関わらず、この通知が表示されていない場合は、ハンズフリー解錠が正常に動作しない可能性がありますので、以下の操作をお試しください。

・スマートフォンの設定より、「アプリと通知」→「通知の設定」→「通知」→「Qrio Lock」をONにしていただく
・Qrio Lockアプリからハンズフリー解錠を一度OFFにして再度ONにしていただく

ロックから一定距離を離れましたが、「ハンズフリー解錠が有効になりました」プッシュ通知が来ません

以下の操作をお試しください。

[iOS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

[Android OS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「モード」を「高精度」に変更していただく (※1)
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「スキャン」の「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をONにしていただく (※1)
・スマートフォンに独自の省電力機能がある場合はOFFにしていただく
・スマートフォンに省電力機能の付いたアプリをインストールしている場合はアンインストールしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

また、Android 6.0以上のスマートフォンで上記の操作を試しても改善しない場合は、以下の操作もお試しください。

・スマートフォンの設定の「バッテリー」→「省電力機能の対象外アプリ」に、Qrio Lockアプリを追加していただく (※1) (※2)

(※1)機種によって設定項目が若干変わる可能性があります。
(※2)ハンズフリー解錠は、Android 6.0で導入されたDozeモードの有効下でも動作するように設計されていますが、一部機種で正常に動作しない可能性があるためです。

「ハンズフリー解錠が有効になりました」プッシュ通知が来たあとに、ロックに近づきましたが、「ハンズフリー解錠をはじめます」プッシュ通知が来ません

以下の操作をお試しください。

[iOS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

[Android OS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「モード」を「高精度」に変更していただく (※1)
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「スキャン」の「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をONにしていただく (※1)
・スマートフォンに独自の省電力機能がある場合はOFFにしていただく
・スマートフォンに省電力機能の付いたアプリをインストールしている場合はアンインストールしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

また、Android 6.0以上のスマートフォンで上記の操作を試しても改善しない場合は、以下の操作もお試しください。

・スマートフォンの設定の「バッテリー」→「省電力機能の対象外アプリ」に、Qrio Lockアプリを追加していただく (※1) (※2)

(※1)機種によって設定項目が若干変わる可能性があります。
(※2)ハンズフリー解錠は、Android 6.0で導入されたDozeモードの有効下でも動作するように設計されていますが、一部機種で正常に動作しない可能性があるためです。

「ハンズフリー解錠が有効になりました」プッシュ通知が来たあとに、ロックに近づきましたが、「エラー エラーコード:(255)」が表示されハンズフリー解錠されません

以下の操作をお試しください。

[iOS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

[Android OS版をご利用の場合]
・スマートフォンにSIMカードを挿入し、モバイルネットワーク設定をONにしていただく
・スマートフォンのWi-Fi設定をONにしていただく
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「モード」を「高精度」に変更していただく (※1)
・スマートフォンの設定より、「Google」→「位置情報」→「スキャン」の「Wi-Fiのスキャン」と「Bluetoothのスキャン」をONにしていただく (※1)
・スマートフォンに独自の省電力機能がある場合はOFFにしていただく
・スマートフォンに省電力機能の付いたアプリをインストールしている場合はアンインストールしていただく
・Qrio Lockアプリの「ロック設定」→「ハンズフリー解錠」に表示されるロックの位置が、設置場所から大幅にずれている場合は位置情報を再取得していただく
・上記の動作を行ったあと、スマートフォン本体を再起動していただく

また、Android 6.0以上のスマートフォンで上記の操作を試しても改善しない場合は、以下の操作もお試しください。

・スマートフォンの設定の「バッテリー」→「省電力機能の対象外アプリ」に、Qrio Lockアプリを追加していただく (※1) (※2)

(※1)機種によって設定項目が若干変わる可能性があります。
(※2)ハンズフリー解錠は、Android 6.0で導入されたDozeモードの有効下でも動作するように設計されていますが、一部機種で正常に動作しない可能性があるためです。

search