Android用Qrio Lock アプリケーション・ベータテストの参加について

本テストはAndroid用Qrio Lockアプリケーションをご利用のお客様に対し、アプリの早期バージョンを先行してお試しいただくものです。本テストに参加頂いた方からのアプリに対するフィードバックを受けて、全てのお客様が利用する正式版のアプリの品質向上に反映いたします。

Android用Qrio Lockのベータバージョンをテストするには、Andoroid端末より本リンクをタップしGoogle Playにアクセスしてください。[テスターになる]をタップすると、テストに参加いただけます。

参加用URL
https://play.google.com/apps/testing/me.qrio.smartlock2

フィードバック用フォーム
https://goo.gl/forms/gmyOKMi1w0ekxNHn2

※ご参加に関する注意

  • フィードバックはこちらよりお寄せください。頂いたフィードバックへの返信は原則行いませんが、事象によりご連絡を差し上げる場合がございます(選択可能)。
  • ベータテストで提供されるアプリについては頻繁にアップデートされる可能性があります。また、正式版と比較して不安定であったり、挙動の変更が起こりやすい可能性がありますのでご注意ください。
  • ベータテストを終了するには、テスト版をアンインストールの上でGoogle Playから再度アプリをインストールしてください。

 

スマートフォンが壊れた時は?

○ 他のスマートフォンで解錠する
下記よりQrio Lockアプリをインストールしてください。ログイン後、解錠操作できます。

 

○ ふつうの鍵で解錠する / 鍵専門店に依頼する
スマートロックはドアの内側に設置するため、通常の鍵穴を利用した解施錠もできます。

Q-SL1(Qrio Smart Lock)を使用しています。主な違いを教えてください。

主な違いは下表の通りです。詳しくは製品詳細ページをご覧ください。

 

Q-SL2 Q-SL1(旧モデル)
ロック登録方法 メールアドレス
パスワード
オーナー登録カード(同梱)
解施錠時間 平均0.3秒 約2-3秒程度
オートロック ドアが閉じ次第施錠 事前に設定した時間(10-60秒)で施錠
ハンズフリー解錠 GPS+ビーコンで検知し解錠 GPSのみで検知し解錠
(手ぶら解錠(β))
合カギ マスターキーあるいはファミリーを所持している方が発行可能。
名前、時間などの随時条件変更可能。
※最大20本まで
オーナーのみ発行可能。
名前、時間などの条件変更の場合は再発行。

その他、機体の軽量化や小型化を行っております。

※Q-H1をご利用いただく場合、Q-SL2専用の本体ソフトウェアにアップデートいただく必要があります。
※Q-SL1のアプリではご利用いただけません。
※Q-SL1のサムターンホルダーおよび高さ調整プレートとの互換性はありません。

search