本体ソフトウェアの更新とは何ですか?

※本機能は2018/3/14現在、iOS版およびandroid版の両OSで提供を開始しております。

Qrio Hub(検知器)本体ソフトウェアの更新によって機能の強化や信頼性が向上します。更新可能な場合、[その他設定] > [本体ソフトウェアの更新]より実施いただけます。

本体ソフトウェアが更新できる場合、ホーム画面に下記のようなお知らせ欄が表示されますので、こちらをタップして更新いただくこともできます。
更新通知の表示

■ 本体ソフトウェアの更新に関する注意
本体ソフトウェア更新中にQrio Hub本体の電源が切れると最悪の場合使用できなくなる恐れがありますので、下記の注意書きをよくお読みになり、更新を行ってください。

・本体ソフトウェアの更新中は、Qrio Hubをコンセントから抜かないでください。
・Qrio Hubとスマートフォンが安定してBluetooth通信できる環境で更新を行ってください。

タグの電池を入れ替えるときには

電池のフタを止めているネジを外して、ボタン電池を取り出してください。

電池を入れ替えるときには、ボタン電池を本体から取り出して、5分から10分程度待ち、放電を行ってから入れ直してください。スマートタグに電源が入り、再起動に成功するとLEDが3秒間点灯し、その後消灯します。

本体から電池を完全に取り出さない場合や、放電時間が十分とられてない場合には再起動しませんのでご注意ください。

search